禁煙するならチャンピックスで決まり!

禁煙をしたいのに出来ないのは、脳にあるニコチン受容体と言う部分が、タバコを吸うことでニコチンと結合し、快感を生じさせるドパミンをいう物質を放出させます。
その快感を味わうことが癖になってしまうので、どうしてもタバコの誘惑に負けてしまい、禁煙を成功させることができません。
しかし喫煙は身体によくありませんし、ニコチンは独特の臭いがあるので周囲からも嫌がられることが多くなっています。
近年は健康志向が強くなり、公共の場でも喫煙する場所は少なくなっていますし、タバコの価格も値上がりしていますから、少しでも禁煙したいと感じたときは、喫煙に本格的に乗り出すチャンスかもしれません。
禁煙を実現させる方法として、注目されているのが、チャンピックスを使用する方法です。
チャンピックスは喫煙のための飲み薬で、これを摂取することで、脳にあるニコチン受容体に結合して、ニコチンを摂取したときよりも少量のドパミンを放出する効果があります。
そのため、禁煙したときに生じるニコチン切れによるイライラなどの症状を軽くすることができます。
チャンピックスを使用するためには、医師の診察を受けて相談しながら服用をすることになりますから、まずはかかりつけの病院を探しましょう。
チャンピックスを使用して禁煙治療を行っている病院が全国各地にありますから、治療を受けるために通院を行う必要があるので通い易い病院を探しましょう。
12週間連続が基本になっている禁煙治療は、途中で中断してしまえば効果がない治療ですから、かかりつけの病院を見つけて、定期的な通院をしながら治療を受ける必要があります。
12周間連続で行う禁煙治療はどのようなものかというと、まずは禁煙を開始する予定日の1週間前から服用を始めることから始まります。
ですから、飲み始めの1週間は喫煙をしながらチャンピックスを服用することになります。
服用から1日目から3日目までは1日0.5mg錠を1回、食後に服用し、4日目から7日目までは1日に0.5mg錠を2回、食後に服用します。
そして8日目からはとうとう禁煙を始めますが、8日目を待たずに禁煙が出来そうな場合は禁煙生活を始めましょう。
8日目からの服用量は1日1mg錠を2回、食後に服用するのを11週間続けます。
禁煙を開始して2週間後、4週間後、8週間後ごとに通院を行い、12週間後には最終診察になると、自信を持って禁煙ができるようになっているでしょう。
禁煙中にどうしてもニコチン切れしてイライラしてしまう場合には、水を飲んだりカロリーの低いガムなど口寂しさをごまかして、12週間の禁煙生活を乗り切りましょう。