禁煙と鬱との関係性とチャンピックスについて

セロトニンと呼ばれる神経伝達物質が在ります。
この物質はドーパミンやノルアドレナリンと言った神経伝達物質と並ぶ、三大神経伝達物質のうちの1つになります。
セロトニンは身体の中で重要な役割を持つ物質でもあり、これが減少してしまう事で鬱などの症状を引き起こすとも言われているのです。

また、禁煙を開始する事でドーパミンやセロトニンなどの物質の分泌量が少なくなるため、禁煙鬱と言わる症状を引き起こす事も在ると言います。
尚、禁煙鬱は禁煙を開始して2週間前後で回復すると言われているのですが、それでも回復の兆しが無い場合などでは他に何らかの原因が在るとも言われており、専門医による診察を受けることが大切です。

鬱との関係性は、これらの神経伝達物質の分泌と、禁煙を開始する事で起きるニコチン依存を高めると言った関係性が有ると言われています。
チャンピックスは禁煙補助剤の一つなのですが、禁煙補助剤の多くはニコチンを微量に含んでおり、徐々にニコチン依存を引き下げる効果を持ちます。
しかし、チャンピックスにはニコチンの成分は含まれていないので、普通に考えれば服用をしてもニコチン依存が下がらないため、禁煙に失敗すると言ったイメージを持つ人も多いわけです。

しかしながら、チャンピックスを服用する事で少量のドーパミンを分泌する事になります。
ドーパミンとニコチン依存の関係性はとても高く、ニコチンに似た物質が体内に入る事で神経伝達物質となるドーパミンを分泌させるので、ニコチン切れによる症状でもあるイライラ感などが起き難くなると言う効果を持ちます。

尚、チャンピックスは徐々に薬の量を増やしていき、12週間の服用を続けることで禁煙を成功させることが出来る禁煙補助剤なのです。