経口禁煙補助薬のチャンピックスと離脱症状について

これまでは禁煙補助薬として多くの方が利用していたのがニコチンパッチでしたが、これに代わる新たな禁煙治療経口補助薬が飲むタイプのチャンピックスになります。
これは日本で始めてのニコチンを含まない経口禁煙補助薬で、新しい作用機序に基づいて作られたものです。
チャンピックスはニコチン受容体に部分的に作動する薬で、禁煙効果を高められる2つの作用を持っています。
タバコを吸うと、タバコの中のニコチンが脳の神経細胞にあるニコチン受容体に結合するのですが、その際に神経細胞の端末よりドーパミンが放出され、満足感などの快感が得られます。
チャンピックスを服用すれば、喫煙したときに、ニコチンが脳の神経細胞にあるニコチン受容体に結合するのを妨げ、タバコを吸ったときの満足感を抑えられます。
もう一つの作用は、チャンピックスがニコチン受容体に結合すると、少量のドーパミンが放出されるので、禁煙に伴うイライラなどの離脱症状やタバコに対する切望感を軽減することが出来ます。
自力で禁煙しようとすると、イライラや集中できないなどの離脱症状が起こり、それに耐え切れなくなって、またタバコを吸うようになりますが、チャンピックスならそれを抑制することが出来ます。
飲み始めた頃は、離脱症状で落ち着かなくなるかも知れませんが、飲み続けていくうちにそれを感じなくなっていきます。
お医者さんの指導のもとで12週間続ければ、大抵の方は禁煙できるようになるので、自力ではどうにもならない場合はチャンピックスを頼るようにしてください。
ただし途中でやめると、また吸いたくなる可能性があるので、医師に相談することなく、勝手に服用を中止するのだけは避けるようにしてください。